事業内容

コンサルティング・モールとは?

当社は、会社更生手続をはじめとする企業再生の第一人者である溝端浩人と、異色の経歴を持ち、 民事再生手続を多数経験している泉範行が、多数のコンサルタントとのネットワークを活かして設立いたしました。
社名のコンサルティング・モールは、モール(商店街)の名の如く、企業をとりまくあらゆる事態に対応すべく、 あらゆるサービスの提供を行う専門店を揃えながら、全体として魅力的な存在を目指したコンサルティングファームです。

△ページの先頭に戻る

こんな事例にお応えします

企業再生

借入の返済に困難を来たすなど、事業を継続するためには何らかの手を打たなければならない状況にある会社の経営者の方に、資金面や事業面の分析から、金融機関との交渉方針、手続の選択方針等の方向性をアドバイスし、他の専門家の紹介等を含めて、事業継続のための全般的コンサルティングを会社の方と一緒に行動することを基本に行います。

M&A

後継者の不在に悩む経営者の方等に対する事業の継続の方法として、会社の売却(M&A)という手法の選択があります。M&Aを成功させるには、会社の内容をきちんと伝えることと、最も評価してもらえる相手を見つけることができるかになります。適切な資料作りと幅広いネットワークの活用による候補者探しの両面から支援を行います。

事業価値評価(財務DD)

M&Aの買い手としては、高い買い物にならないように買収企業の価値を適切に評価して投資することが必要になります。また、リスクの存在を的確に把握しておかなければなりません。そのための財務DDの実施、あわせて事業価値の評価を行います。

事業計画策定

法的手続や私的手続においてだけでなく、金融機関との交渉においても、事業計画の立案は必ず必要となります。特に、金融機関とのリ・スケジュール交渉においては、実現可能な抜本的事業計画(実抜計画)の提出が求められます。十分なヒヤリングを通じて、会社の実態を十分反映しながら、金融機関にわかりやすい事業計画の作成を支援します。

危機時の資金繰り支援

状況分析を通じて手続の選択を進めていく中で、資金繰り表の作成に加えて、まだ、融資を受けることが可能な状況にある場合には、可能な限り資金調達面の紹介等を通じた支援を行います。

特殊税務(会計事務所と連携)

企業再生税務や清算会社の税務は特殊な点が多く、経験がないと各種税務の取扱いを網羅的に検討して問題なく処理することが難しいため、当該処理を問題なくこなすことができる税務事務所を紹介、もしくは既存の税理士さんとの連携を行い、会社に有利な処理を目指します。

法的手続支援

企業再生スキーム、債務免除益対策、財産評定、資金繰りモニタリングなど、特殊分野に関する知識と経験を活かして弁護士の皆様に安定感のある仕事をお届けします。

△ページの先頭に戻る

業務内容(全国対応)

△ページの先頭に戻る